12月, 2016

サラリーマン伸び論

学生時代から読んでいる4コマ戯画で「サラリーマン改善論」という読物があります。

読んでワードのごとく、サラリーマン氏の会社で掛かる状態中心に描かれているのですが、学生時代は「あぁ大人になったらそんな毎日です」と勘違いしていました。

連日出勤してお茶を入れて文言を取って、ときにはおつかい頼まれて旅行ついでにお茶…

誠に言うバブル時代のサラリーマン氏なんでしょうか。

近頃、社会人になってそんな毎日はかけ離れたサラリーマン一生を送っていますが、実になぜ想像していたものとは違うもののそれなりに面白く過ごしております。

近頃の毎日を4コマに20年齢以後「こんな時代があったの?!」って言われちゃうのかもしれませんね。

昨今はまっておるスナック考察において

元々甘いものが大好きで、喜ばしいと評判の甘味屋さんを巡ったり、話題のコンビニスイーツを召し上がることが道楽のようになっている。

甘いものを見たり食べたりすると幸せな気分になれるんですよね。

最近では貰うだけではなく、自分で作るともなりました。

ケーキ考察の想い出はなかったので、今はまだ簡単なクッキーやマドレーヌなどしか作れませんが、ケーキを作っているタームがほんとにうれしいだ。

甘さを著しくしたり除けたりといった、自分なりに準備ができるのも嬉しいです。

間もなく二度と凝ったケーキも焼き上げるようになりたいので、楽しみながらケーキ考察を続けていきたいと思います。

卵かけごはん

今日、自宅では卵かけごはんが大流行しています。

今更インスピレーションが半端ないかもしれませんが、一言に卵かけごはんといっても人それぞれで取り扱う薬味や付け合せが違うと思います。

自宅では、熱々の食事に冷やした卵をかけて白だし、味の素をかけて食べます。

ごま油を少しだけプラスしても美味しいですよ!

納豆があればそこに納豆も増しちゃいますし、味付け海苔があれば卵かけごはんを巻いて食べます。

そういえば前にTVで見たのですが、生の卵が食べられるのはほぼ我が国だけで、ほかの国の顧客はサルモネラ菌で食中毒になる可能性が高いので火においてから召し上がるそうです。

毎朝卵かけごはんを食べられる事項に少しだけラッキーを感じている今日だ。

信玄餅アイス。

先日、長野県の蓼科高原をめぐってきました。

バラクライングリッシュガーデンというガーデンを見に行き、そこでランチタイムしてきました。

降雨が降っていたけど、それを売り物とも打ち切るぐらいきれいでした。

で、夕食も食べて都内行の特急あずさにのぼりました。

車内斡旋でコーヒーも買おうと憧れ、食事表を見ていたら、ボクにおいて心惹かれるものがありました。

「桔梗信玄餅アイス」なるものです。

ボクはこういう信玄餅というお餅にきなこといった黒蜜がかかっていらっしゃる軽食が大好き。

アイスもお宝。

それが合体したのだったら食べないという困難でしょ!と思い、申し込みしました。

出てきたアイスは、中にお餅って黒蜜が仕込んでありました。

食べるという、あっさりした甘さで美味しかっただ。

次回、お取寄せ決めるかしら。

お肉食べた(*^。^*)

今日はお休日だったので女房というごはんでステーキを食べに行きました。

和牛ヒレステーキ150グラムで4500円!!!

ごはんコースで4500円!!(+o+)

無理強い自分の賃金では食べれません。

売値の割にはサラダも質素なサラダだったけど、お肉は特に具合もあって柔らかくて美味しくて幸福満員でした。

本当は稀少で食べたかったけど、夏場なので本当に焼いてもらいました。

美味しいものを食べて幸福をいくらでも充電したので、明日からがんばれそうです。

いつもは休日明けを想像するだけでメランコリーだったけど、今日のあたしは何かが違う。

野望がみなぎっております。

お肉のスキルは著しいな!って実感しました。

スキンケアに関しまして

私のスキンケアは、美顔容器をつぎ込み行います。

30代末なので、コスメティックスだけでは限界を感じるからです。

連日育児に追われてまずまずお忙しいときもありますが、お素肌を磨き、自信がついて幸せなチャンスを過ごすことができるようにしています。

また連日、お素肌を磨き心的まで磨いていきたいだ。

スタイリッシュも好きなので、お母さんになってもスタイリッシュで綺麗に生まれ変われるように身の回りがんばってます。

また、連日素敵な野望をもてるように、なんにでも興味を持ち、何にも挑戦していきたいですし、心に興奮を散々持てるようにしたいし、身の回り明るく努力しています。

一つコスメティックスに替えました

こっち半月ほど前から一つコスメを使い始めました。

最初はメーク水・乳液・保湿液など、それぞれに効果がある成分だからこそ人肌に良いのに一つで仕上げるなんてとしていた反比例派でした。

けれども某銘柄の一つコスメのサンプルによってみたところ、甚だしく人肌にしっくりきてキメが細くなったような感覚になりました。

ひとつだけ使えば良いから楽だし、人肌の塩梅も良くなったしということで一つに乗りかえました。

思い切り考えてみたら、メーク水・乳液など使っていた製品の費用よりも一つコスメのほうが大きいんです。

これってはからずも、ひとつにするため成分を盛り込んだから高いのかもしれないと勝手に思って使っています。

ホッチキスを変えてみた

いつも使う文房具を僅かいい物に取り換えるだけでかなり情緒が変わるものですね。

最近、ホッチキスをドイツの至高術を通じて作られた(?)という物に臨みました。

お価格誠に2000円!

小気味よい力でかなりの嵩を止まるのが秘訣だそう。

意外と大量に削るような手続きはしないので現にどうなのかは分かりませんが、普段扱う時にも小気味よい力でザクザク居残るのでこれがとても穏やか。

ふと著しいのが弱みですけどドイツらしき配色も愛する。

100円同様も手に入っちゃう商品こそ、こうやっていくぶんハマるといった暮らしが楽しくなるのかもしれませんね。

カテゴリー
お気に入り